読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたもの

見た映画をまとめるってだけです。

ライアン・ゴズリング主演

「ラ・ラ・ランド」

アバンタイトルオープニングに入る前に流れるプロローグシーン、って最近覚えた)で、映画の世界に引き込まれてしまう。

宣伝では、「見ると恋をしたくなる」と恋愛要素を強めに出しているけれど、

どちらかと言うと、夢をかなえる話なのだと思う。

なので、いろいろとまぶしい。

楽曲がとてもよいのです。そして、ライアン・ゴズリングにやられてる。

吹き替えなしでピアノ演奏をしているそう。

ラストは見ていて楽しいけれど、せつない。

飲み会の席で、エンドロールの構成も切ないことになっている、ということを聞く。

言われてみればなるほどー、と。

セリフではなく、歌わないと伝わらないことがあるよ。

ミュージカル映画としてよい作品だと思います。

 

「ナイスガイズ」

ライアン・ゴズリングラッセル・クロウが共演。

これはこれでとても贅沢な作品だと思う。

ニューヨークを舞台にしてるというのは「ラ・ラ・ランド」と同じですが、時代が異なる。

「ラ・ラ・ランド」は現在で、こちらは1978年という設定です。

当然、携帯電話も出てこず。連絡手段は固定電話だけ。

や、それは話には直接関係しないのだけど。

ダメなシングルファーザーのライアン・ゴズリングがとてもよい。

そして、レスラーっぽい体系のラッセル・クロウもとてもよい。

ちなみに、本編が始まる前の予告編で、「ブレードランナー」の新作が流れたのですが、

その主演もライアン・ゴズリング。これは見ないとなー。

って思っていたら、映画の中でユニコーン(に変装した白馬)が出てきまして、

これはもしかして、といろいろ勘ぐってしまったのですが。

アクションも謎解きも楽しめますし、こちらも音楽が良い、というか楽しい。

子役で出演しているアンガーリー・ライスの演技がうまいです。

これから注目されるんだろうな、っと。